229 views

サーキュラーエコノミーとサステナビリティについて学ぶ

サーキュラーエコノミーとサステナブルについて無料で学びましょう。
これからの経済に必要な循環経済を深く理解することができます。
後半にはビジネスへの応用についても言及しております。

※初学者を対象にしたレッスンを無料公開したものです。記事としての表現に違和感があるかもしれません。ご容赦願います。

昔、資源が無限にあると思われていた地球では、線形経済と呼ばれるリニアエコノミーモデルが支配的でした。この「取る・作る・捨てる」のアプローチは、かつてないほどの繁栄をもたらしましたが、環境には壊滅的な打撃を与えました。資源は有限であり、環境も悪化しているという現実が明らかになると、新たなパラダイムが出現しました。

それがサーキューラーエコノミーです。循環型経済とも呼ばれ、廃棄物を最小限に抑え、資源効率を最大化することを目指す再生・修復モデルです。リデュース、リユース、リサイクルの3つの基本原則に基づいて構築されています。一方、サステナビリティとは持続可能性と呼ばれ、将来の世代が需要を満たす能力を無くすることなく、現在の需要を満たすことを指します。サーキュラーエコノミーは、持続可能性を実現するための重要な戦略であり、この2つのコンセプトは相互に絡み合っています。

リニアエコノミーな都市と、サーキュラーエコノミーを採用した都市の2つの物語を想像してみてください。リニアな都市は、深刻な汚染、埋立地、資源不足に直面し、サーキュラー型都市は、よりクリーンな環境、より強靭な経済、より健康な人口を享受しています。この授業では、私たちの世界を循環型都市に変え、すべての人のための持続可能な未来を確保する方法を探ります。

線形経済は、前述のように「取る・作る・捨てる」の繰り返しです。資源を貪欲に消費することで悲惨な結末を迎える、まるでおとぎ話のようなものです。一方、循環型経済は、材料や資源を循環させながら、終わりのない物語を作り上げていくものです。

例えば、スマートフォンの製造を考えてみましょう。直線的な経済では、原材料を採取し、加工し、製造してデバイスを作りますが、使用後は最終的に廃棄されることになります。しかし、循環型経済では、スマートフォンは簡単に分解、修理、リサイクルできるように設計されています。携帯電話の寿命が尽きると、材料は回収され、新しい製品に再び組み込まれます。このような変革は、資源を節約するだけでなく、新たな経済機会も生み出します。

このコースを通じて、デザインや生産から消費、廃棄物管理まで、循環型経済のさまざまな側面を探ります。循環型社会の推進と実践における企業、政府、個人の役割について学び、世界で最も差し迫った環境問題に対する革新的な解決策を見出します。

かつて、企業は利益の最大化のみに重点を置いていました。しかし、環境危機が深まるにつれ、長期的な成功はサステナビリティの導入にかかっていることに気づいたのです。実際、最近の調査では、76%の経営幹部が、持続可能性が将来の競争力にとって重要な要素であることに同意しています。

越石

株式会社銭内堂 代表取締役社長
マーケティング/Web/システム開発/映像制作事業
新規事業の伴走支援をしています
www.zeninaido.jp