156 views

白黒だけじゃない 電子ペーパーの最新技術

紙のように見えるディスプレイ、電子ペーパー
電子ペーパーについてどのくらい知っていますか?

電子ペーパーは、省エネで目に優しいという特徴を持ち、電子書籍や電子看板などに使われています。

しかし、電子ペーパーは、それだけではありません。

電子ペーパーは、白黒だけではなく、カラー表示も可能な最新技術を持っています。

カラー電子ペーパーは、電子ペーパーの用途や需要を拡大することが期待されていますが、まだまだ課題も多く、普及率は低いです。

この記事では、電子ペーパーとは何か?その仕組みと特徴は?カラー電子ペーパーの挑戦と未来は?といった疑問に答えていきます。

電子ペーパーの魅力や可能性を知ることで、あなたのビジネスやライフスタイルに役立てることができるかもしれません。ぜひ、最後までお読みください。

電子ペーパーとは、紙のように見えるディスプレイのことです。電子ペーパーは、電気的な刺激によって色や形を変える微小な粒子を含む液体を、薄いフィルムに封入したものです。電子ペーパーは、以下のような特徴を持ちます。

電子ペーパーの原理は、電気的な刺激によって、液体中の粒子の位置や向きを変えることで、色や形を表示するというものです。電子ペーパーには、主に以下の三種類があります。

電子インク:黒と白の二色の粒子を使って、反射光で表示する。高いコントラストと視認性を持つ。電子書籍や電子ラベルなどに使われている。

カラー電子インク:赤、緑、青の三色のフィルターを使って、反射光で表示する。カラー表示が可能だが、コントラストや色彩が低い。雑誌や漫画などに使われている。

エレクトロウェット:色素を含む液体を使って、透過光で表示する。高い色彩と応答速度を持つ。動画やアニメーションなどに使われている。

電子ペーパーのメリットは、以下のようなものがあります。

省エネ:電子ペーパーは、表示内容が変わらない限り、電力を消費しない。バッテリーの持ちが長い。環境にやさしい。

目に優しい:電子ペーパーは、自然光や照明の反射光で表示するため、目に負担が少ない。長時間の読書に適している。

軽量・薄型:電子ペーパーは、紙のように軽くて薄い。持ち運びや収納が便利である。

電子ペーパーのデメリットは、以下のようなものがあります。

低速:電子ペーパーは、液体中の粒子の動きが遅いため、画面の更新速度が低い。動画やアニメーションの表示には不向きである。

低解像度:電子ペーパーは、紙のように細かい線や文字を表示するのが難しい。高い解像度や細密な表現には不向きである。

高価:電子ペーパーは、製造コストが高いため、一般的な液晶ディスプレイよりも価格が高い。普及率が低い。

電子ペーパーの用途は、主に以下のようなものがあります。

電子書籍:電子ペーパーは、紙の本と同じように読むことができるため、電子書籍のディスプレイとして広く使われている。電子書籍の市場は、年々拡大しており、2023年には約2兆円に達すると予測されている。

電子看板:電子ペーパーは、省エネで目立つため、電子看板や広告のディスプレイとして使われている。電子看板の市場は、新しい需要が生まれており、2023年には約1.5兆円に達すると予測されている。

電子紙幣:電子ペーパーは、偽造や破損に強く、セキュリティや機能性が高いため、電子紙幣のディスプレイとして使われている。電子紙幣の市場は、まだ実用化されていないが、将来的には期待されている。

電子ペーパーの市場動向は、以下のようなものがあります。

白黒電子ペーパーは、電子書籍や電子看板などの既存の用途で安定した需要があるが、成長率は低い。技術的な改良やコスト削減が求められている。

カラー電子ペーパーは、カラー表示が可能なことで新たな用途や需要が生まれるが、コストや性能の面でまだ課題が多い。カラー電子インクの普及やエレクトロウェットの実用化が期待されている。

エレクトロウェットは、高い色彩と応答速度を持つことで、動画やアニメーションの表示に適しているが、まだ実用化されていない。技術的な検証や市場の開拓が必要である。

白黒電子ペーパーは、電子ペーパーの中でも最も古くから開発されてきた技術です。白黒電子ペーパーは、黒と白の二色の粒子を使って、反射光で表示する電気泳動方式が代表的です1。白黒電子ペーパーは、以下のような進化と可能性を持ちます。

白黒電子ペーパーの歴史は、1970年代に始まります。当時、米国のXerox社の研究者であるニック・シェリドン氏が、電気泳動方式の原型となる「ギュロックス」というディスプレイを発明しました1。その後、米国のE Ink社が、ギュロックスを発展させて、液体を収めたマイクロカプセル中で白黒の粒子を電界によって移動させる電子インクを開発しました1。電子インクは、1990年代後半から2000年代初頭にかけて、電子書籍端末や電子ラベルなどに使われるようになりました

89 views

なぜサステナビリティが重要なのか?環境・社会・経済3つの視点から考える

サステナビリティとは何か、サステナビリティを実現するための取り組みや方法、サステナビリティを評価する指標や基準について、分かりやすく説明しています。サステナビリティは、現代のビジネスにおいて、重要なテーマです。

サステナビリティについての記事も合わせてお読みください
サーキュラーエコノミーとサステナビリティについて学ぶ

サステナビリティ経営のメリットとは?事例から学ぶビジネス戦略

SDGsとサステナビリティの関係を解説!ビジネスで活用するためのポイント

 

地球環境は危機的な状況にあります。これは、人類の活動によって引き起こされた地球温暖化や気候変動、資源の枯渇などの問題が原因です。これらの問題は、私たちの生活や経済にも深刻な影響を及ぼしています。したがって、地球環境を守ることは、私たち自身のためにも必要なことです。

  • 地球温暖化の原因と現状

地球温暖化とは、大気中の温室効果ガス(二酸化炭素やメタンなど)の増加によって、地球の平均気温が上昇する現象です。温室効果ガスは、人類の工業活動やエネルギー消費、森林伐採などによって排出されています。地球温暖化は、過去100年間で約1℃の気温上昇をもたらし、今後も加速すると予測されています。

  • 気候変動の影響と対策

気候変動とは、地球温暖化によって、気候のパターンや極端な現象が変化することです。気候変動は、海面上昇や氷河の融解、熱波や干ばつ、洪水や台風などの自然災害、食糧や水の不足、感染症の拡大など、人類や生態系に多くの悪影響を与えています。気候変動に対処するためには、温室効果ガスの排出量を削減することが必要です。そのためには、再生可能エネルギーの利用や省エネルギーの技術の開発、環境に優しいライフスタイルの実践などが求められています。

  • 資源の枯渇と循環型社会

資源の枯渇とは、人類の消費が資源の再生能力を超えてしまうことです。資源の枯渇は、化石燃料や金属、水や土壌など、私たちの生活や経済に欠かせないものに影響を及ぼしています。資源の枯渇に対応するためには、循環型社会の構築が必要です。循環型社会とは、資源の有効利用や廃棄物の削減、リサイクルやリユースなどを通じて、資源の循環を促進する社会です。

地球環境は危機的な状況にあります。これは、人類の活動によって引き起こされた地球温暖化や気候変動、資源の枯渇などの問題が原因です。これらの問題は、私たちの生活や経済にも深刻な影響を及ぼしています。したがって、地球環境を守ることは、私たち自身のためにも必要なことです。サステナビリティの視点から、環境に配慮した行動や政策を取ることが求められています。

経済格差は社会の不安定要因です。これは、所得や資産、教育や健康などにおいて、人々の間に大きな差が生じていることを意味します。経済格差は、グローバリゼーションや技術革新、政策や制度などの要因によって拡大しています。経済格差は、貧困や社会的排除、暴力や犯罪、人権侵害など、社会の様々な問題を引き起こしています。したがって、経済格差を是正することは、社会の安定や平和を保つためにも必要なことです。

  • 経済格差の定義と指標

経済格差とは、経済的な面で人々の間に存在する不平等な状態です。経済格差を測る指標には、ジニ係数やパレート指数、ローレンツ曲線などがあります。これらの指標は、所得や資産の分布の偏りや偏極化を表すものです。経済格差の指標は、国や地域、年代や性別などの切り口で比較することができます。

  • 経済格差の原因と結果

経済格差の原因には、グローバリゼーションや技術革新、政策や制度などがあります。グローバリゼーションや技術革新は、経済の成長や効率化を促進する一方で、競争や構造変化によって、一部の人や地域に利益を集中させることもあります。政策や制度は、税制や社会保障、教育や医療などを通じて、経済格差を緩和する役割を果たすことができますが、逆に、不公正や不透明な仕組みによって、経済格差を拡大することもあります。経済格差の結果には、貧困や社会的排除、暴力や犯罪、人権侵害などがあります。貧困や社会的排除は、人々の生活の質や幸福度を低下させるだけでなく、教育や健康、就労などの機会を奪うこともあります。暴力や犯罪は、社会の秩序や安全を乱すだけでなく、人々の信頼や協力を損なうこともあります。人権侵害は、人々の尊厳や自由を侵すだけでなく、民主主義や法の支配を脅かすこともあります。

87 views

SDGsとサステナビリティの関係を解説!ビジネスで活用するためのポイント

SDGsとサステナビリティという言葉を聞いたことがありますか?これらは、現代のビジネスに欠かせない概念です。SDGsとサステナビリティは、どのように関係しているのでしょうか?また、ビジネスで活用するためには、どのようなポイントがあるのでしょうか?この記事では、SDGsとサステナビリティの関係を解説し、ビジネスで活用するためのポイントを紹介します。

 

サステナビリティについての記事も合わせてお読みください
サーキュラーエコノミーとサステナビリティについて学ぶ

サステナビリティ経営のメリットとは?事例から学ぶビジネス戦略

 

サステナビリティとは、英語でsustainabilityと言い、持続可能性と訳されます。サステナビリティとは、現在の人々のニーズを満たしながら、将来の世代のニーズを損なわないように、資源や環境を保全することを意味します。サステナビリティは、1992年に開催された国連環境開発会議(リオサミット)で採択された「環境と開発に関するリオ宣言」や「持続可能な開発のための行動計画(アジェンダ21)」などの国際的な取り組みに基づいています。

サステナビリティは、経済・社会・環境の3つの側面をバランスよく考慮することが重要です。経済的には、企業や個人の利益や成長を追求することが必要です。社会的には、人権や平等、教育や健康などの社会的な価値を尊重することが必要です。環境的には、地球温暖化や生物多様性の減少などの環境的な問題に対処することが必要です。これらの3つの側面は、相互に影響し合っており、一方を犠牲にして他方を優先することはできません。サステナビリティは、これらの3つの側面を調和させることで、持続可能な社会を実現することを目指す考え方や活動です。

SDGsとは、英語でSustainable Development Goalsと言い、持続可能な開発目標と訳されます。SDGsとは、2015年に国連が採択した、2030年までに達成すべき17の目標と169のターゲットのことです。SDGsは、貧困や飢餓、気候変動などの世界的な課題に対処するために、国際社会が共通の目標として掲げたものです。

SDGsは、サステナビリティを実現するための具体的な目標や指針です。SDGsは、経済・社会・環境の3つの側面に加えて、平和やパートナーシップといった側面も含んでいます。SDGsは、すべての国や地域、すべての人や組織にとって、共通の責任と機会を提供します。SDGsは、サステナビリティに関する国際的な基準やガイドラインとして、広く認知されています。

サステナビリティとSDGsは、どちらも持続可能な社会を実現することを目的としていますが、その違いは、サステナビリティが目指すべき理想であり、SDGsがそのための手段であるという点です。サステナビリティは、経済・社会・環境のバランスを考える考え方や活動であり、その内容や方法は、国や地域、人や組織によって異なることができます。SDGsは、サステナビリティを実現するための具体的な目標や指針であり、その内容や方法は、国際社会が合意したものです。サステナビリティとSDGsは、互いに補完し合う関係にあります。サステナビリティは、SDGsの達成に向けて、ビジョンやモチベーションを提供します。SDGsは、サステナビリティの実現に向けて、アクションや評価を提供します。

サステナビリティ経営とは、サステナビリティの観点を経営に取り入れることで、事業の持続可能性を高める経営です。サステナビリティ経営では、経済・社会・環境の3つの側面に配慮した製品やサービスを開発したり、省エネやリサイクルなどの環境負荷の低減に努めたりします。また、サステナビリティ経営では、法令や規制の遵守だけでなく、自主的な行動基準や倫理規範を設定したり、コーポレートガバナンスやコンプライアンスを強化したりします。さらに、サステナビリティ経営では、ステークホルダーとの対話や協働を重視し、情報開示や報告を行います。これらの取り組みにより、サステナビリティ経営は、企業の競争力や信頼性、社会的責任や価値を高めることができます。

サステナビリティ経営に取り組むメリットは、多岐にわたります。ここでは、代表的なメリットをいくつか紹介します。

  • 企業価値の向上:サステナビリティ経営に取り組むことで、企業は、顧客のニーズや市場の変化に対応しやすくなり、イノベーションや差別化を図ることができます。また、企業は、リスクの回避や管理を効果的に行うことができます。これにより、企業は、長期的な競争力や収益性を向上させることができます。
  • 事業拡大の可能性:サステナビリティ経営に取り組むことで、企業は、新たな市場やビジネスチャンスを創出することができます。サステナビリティ経営では、社会的な課題を解決することで、社会に価値を提供することを目指します。これにより、企業は、既存の市場や顧客だけでなく、新たな市場や顧客を開拓することができます。
  • 従業員エンゲージメントの高まり:サステナビリティ経営に取り組むことで、企業は、従業員のモチベーションやロイヤリティを高めることができます。サステナビリティ経営では、企業が社会に価値を提供することをパーパスとして掲げます。これにより、従業員は、自らの仕事に意義や誇りを感じることができます。また、サステナビリティ経営では、従業員の人材育成や働き方改革などにも配慮します。これにより、従業員は、自らの能力やキャリアを向上させることができます。
  • 資金調達の有利さ:サステナビリティ経営に取り組むことで、企業は、資金調達の際に有利になることができます。サステナビリティ経営では、ESGと呼ばれる環境・社会・ガバナンスの指標に基づいて、企業のサステナビリティに関する情報を開示します。これにより、企業は、投資家や金融機関からの信頼や評価を得ることができます。また、企業は、サステナビリティに配慮した投資や融資の対象となることができます。

サステナビリティ経営に取り組む企業は、世界中に数多く存在します。ここでは、その中から、ユニリーバ、キリンホールディングス、トヨタ自動車という3つの企業の事例を紹介します。

  • ユニリーバ:ユニリーバは、食品や日用品などの消費財の製造・販売を行う企業です。ユニリーバは、サステナビリティ経営の一環として、自社のミッションとして「持続可能な生活を普及させる」というミッションを掲げており、その実現のために、様々な取り組みを行っています。例えば、ユニリーバは、自社の製品やサービスを通じて、貧困や不衛生などの社会的な課題に対処しています。例えば、ユニリーバの石鹸ブランドであるライフブイは、衛生的な手洗いの普及や感染症の予防に貢献しています。また、ユニリーバの食品ブランドであるノールは、栄養不足や食品ロスの解決に貢献しています。さらに、ユニリーバは、自社の製品やサービスだけでなく、サプライチェーンやコミュニティの持続可能性にも配慮しています。例えば、ユニリーバは、原材料の調達や生産において、環境や人権の保護、労働条件の改善、公正な取引などの基準を設けています。また、ユニリーバは、農家や小売業者などのパートナーの能力向上や収入増加にも支援しています。ユニリーバのサステナビリティ経営は、社会的な課題の解決と企業の成長を両立させるものとして、高く評価されています。
  • .

78 views

サステナビリティ経営のメリットとは?事例から学ぶビジネス戦略

サステナビリティ経営とは、環境・社会・経済のバランスを考える経営のことです。サステナビリティ経営に取り組むことで、企業は長期的な競争力の向上やステークホルダーからの信頼と評価の獲得、新たな市場やビジネスチャンスの創出などのメリットを得ることができます。この記事では、サステナビリティ経営のメリットと成功事例を紹介し、サステナビリティ経営を実践するために必要なポイントを解説します。

サステナビリティについての記事も合わせてお読みください
サーキュラーエコノミーとサステナビリティについて学ぶ

サステナビリティとは、英語でsustainabilityと言い、持続可能性と訳されます。サステナビリティとは、現在の人々のニーズを満たしながら、将来の世代のニーズを損なわないように、資源や環境を保全することを意味します。サステナビリティは、1992年に開催された国連環境開発会議(リオサミット)で採択された「環境と開発に関するリオ宣言」や「持続可能な開発のための行動計画(アジェンダ21)」などの国際的な取り組みに基づいています。

サステナビリティ経営とは、サステナビリティの考え方を経営に取り入れることです。サステナビリティ経営では、環境・社会・経済の3つの側面をバランスよく考慮し、企業の利益だけでなく、社会的な責任や価値も追求することが重要です。サステナビリティ経営は、英語でsustainable managementやcorporate sustainabilityと言われ、CSR(企業の社会的責任)やCSV(社会的価値の創造)とも関連しています。

サステナビリティ経営の歴史は、1970年代にさかのぼります。当時、石油危機や環境問題などの社会的な課題が顕在化し、企業に対する社会的な期待や要求が高まりました。その結果、企業は、自らの経営活動が社会や環境に与える影響について、積極的に情報開示や対話を行うようになりました。これが、CSRの始まりと言われています。その後、2000年代に入ると、CSRだけでなく、社会的な課題をビジネスチャンスに変えるCSVや、社会的な目的を持つソーシャルビジネスなどの概念が登場しました。これらの概念は、サステナビリティ経営の発展に寄与しました。また、2015年には、国連がSDGs(持続可能な開発目標)を採択し、サステナビリティに関する世界的な共通の目標が定められました。SDGsは、2030年までに、貧困や飢餓、気候変動などの17の課題を解決することを目指しています。SDGsは、サステナビリティ経営の指針となっています。

サステナビリティ経営に取り組むことで、企業は長期的な競争力を向上させることができます。サステナビリティ経営では、環境や社会に配慮した製品やサービスを開発したり、省エネやリサイクルなどの環境負荷の低減に努めたりします。これにより、企業は、顧客のニーズや市場の変化に対応しやすくなり、イノベーションや差別化を図ることができます。また、サステナビリティ経営では、法令や規制の遵守だけでなく、自主的な行動基準や倫理規範を設定したり、コーポレートガバナンスやコンプライアンスを強化したりします。これにより、企業は、リスクの回避や管理を効果的に行うことができます。

サステナビリティ経営に取り組むことで、企業はステークホルダーからの信頼と評価を獲得することができます。ステークホルダーとは、企業の経営活動に関係する人や組織のことで、顧客や従業員、株主や投資家、取引先や地域社会などが含まれます。サステナビリティ経営では、ステークホルダーとの対話や協働を重視し、情報開示や報告を行います。これにより、企業は、ステークホルダーの期待や要求に応えることができ、ブランドイメージや企業価値を高めることができます。

サステナビリティ経営に取り組むことで、企業は新たな市場やビジネスチャンスを創出することができます。

サステナビリティ経営では、社会的な課題を解決することで、社会に価値を提供することを目指します。これにより、企業は、既存の市場や顧客だけでなく、新たな市場や顧客を開拓することができます。例えば、貧困や教育、健康などの課題に取り組むことで、発展途上国や低所得層などの未開拓の市場にアクセスすることができます。また、環境やエネルギー、資源などの課題に取り組むことで、グリーンやクリーンな製品やサービスに対する需要を創出することができます。

エーザイは、医薬品や医療機器の製造・販売を行う企業です。エーザイは、サステナビリティ経営の一環として、SDGsの目標のうち、特に「健康と福祉」に関する目標に注力しています。エーザイは、自社のミッションとして「人々の健康と幸せに貢献する」というパーパスを掲げており、その実現のために、様々な取り組みを行っています。例えば、エーザイは、ネグレクテッド・トロピカル・ディジーズ(NTDs)と呼ばれる、発展途上国で広く流行しているが、十分な治療が行われていない感染症に対して、医薬品の無償提供や研究開発の支援を行っています。また、エーザイは、がんや認知症などの難治性の疾患に対して、革新的な医薬品の開発や普及に努めています。さらに、エーザイは、自社の製品やサービスだけでなく、社会貢献活動や環境保全活動などにも積極的に取り組んでいます。エーザイのサステナビリティ経営は、社会的な課題の解決と企業の成長を両立させるものとして、高く評価されています。

大林組は、建設業を中心とした総合建設コンサルタント企業です。大林組は、サステナビリティ経営の一環として、SDGsの目標のうち、特に「産業と技術革新の基盤をつくろう」に関する目標に注力しています。大林組は、自社のビジョンとして「人と地球にやさしい社会づくりに貢献する」というビジョンを掲げており、その実現のために、様々な取り組みを行っています。例えば、大林組は、環境に配慮した建築物やインフラの設計・施工を行っており、省エネや再生可能エネルギーの活用、廃棄物の削減やリサイクル、緑化や生物多様性の保全などの工夫をしています。また、大林組は、先端技術やデジタル技術の導入によって、建設業の生産性や品質の向上を図っています。さらに、大林組は、自社の製品やサービスだけでなく、地域社会や教育機関との連携や協力、従業員の人材育成や働き方改革などにも積極的に取り組んでいます。大林組のサステナビリティ経営は、環境と経済の両立と社会の発展を目指すものとして、高く評価されています。

ユニリーバは、食品や日用品などの消費財の製造・販売を行う企業です。ユニリーバは、サステナビリティ経営の一環として、SDGsの目標のうち、特に「貧困をなくそう」に関する目標に注力しています。ユニリーバは、自社のミッションとして「持続可能な生活を普及させる」というミッションを掲げており、その実現のために、様々な取り組みを行っています。例えば、ユニリーバは、自社の製品やサービスを通じて、貧困や不衛生などの社会的な課題に対処しています。例えば、ユニリーバの石鹸ブランドであるライフブイは、衛生的な手洗いの普及や感染症の予防に貢献しています。また、ユニリーバの食品ブランドであるノールは、栄養不足や食品ロスの解決に貢献しています。さらに、ユニリーバは、自社の製品やサービスだけでなく、サプライチェーンやコミュニティの持続可能性にも配慮しています。例えば、ユニリーバは、原材料の調達や生産において、環境や人権の保護、労働条件の改善、公正な取引などの基準を設けています。また、ユニリーバは、農家や小売業者などのパートナーの能力向上や収入増加にも支援しています。ユニリーバのサステナビリティ経営は、社会的な課題の解決と企業の成長を両立させるものとして、高く評価されています。

  • Lushは、主に「貧困をなくそう」や「生き物の多様性を守ろう」などの目標に取り組んでいます。Lushは、原材料の調達や製品の開発において、フェアトレードや動物実験の反対、プラスチックの削減などの基準を設けています。また、Lushは、自社の製品やサービスだけでなく、社会貢献活動や環境保全活動などにも積極的に取り組んでいます。
  • キリンホールディングスは、主に「健康と福祉」や「産業と技術革新の基盤をつくろう」などの目標に取り組んでいます。キリンホールディングスは、自社の製品やサービスを通じて、健康や栄養の向上に貢献しています。また、キリンホールディングスは、原材料の調達や生産において、レインフォレスト・アライアンス認証を取得し、環境や社会の持続可能性に配慮しています。
  • トヨタ自動車は、主に「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」や「住み続けられるまちづくりを」などの目標に取り組んでいます。トヨタ自動車は、自社の製品やサービスを通じて、エネルギーの効率化や再生可能エネルギーの活用に貢献しています。また、トヨタ自動車は、富士山の麓に「Woven City」というコネクテッドシティの実証都市を建設し、持続可能な社会の実現に向けて研究開発を行っています。
項目 Lush キリンホールディングス トヨタ自動車
パーパス 人々と地球に優しい化粧品を提供する 健康と幸せを飲み物から創る 移動の自由と安全を実現する
何を 環境や社会に配慮した原材料の調達や製品の開発 健康や栄養に貢献する製品やサービス エネルギーの効率化や再生可能エネルギーの活用
どのように フェアトレードや動物実験の反対、プラスチックの削減などの基準を設ける レインフォレスト・アライアンス認証を取得し、環境や社会の持続可能性に配慮する コネクテッドシティの実証都市を建設し、持続可能な社会の実現に向けて研究開発を行う

このように、サステナビリティ経営に取り組む企業は、それぞれの事業領域や強みに応じて、SDGsの目標に貢献する方法を探しています。SDGsの目標は、相互に関連し合っているので、一つの目標に取り組むことが他の目標にも影響を与えることがあります。企業は、自社のサステナビリティ経営の効果や課題を分析し、改善することで、より多くの目標に貢献できるようになるかもしれません。

サステナビリティ経営を実践するためには、まず、経営層がサステナビリティに対するコミットメントと発信を行うことが必要です。

経営層がサステナビリティに対するコミットメントと発信を行うことで、企業の方向性や目標を明確にし、社内外に共有することができます。これにより、組織全体の意識や行動の統一を図ることができます。また、経営層がサステナビリティに関する情報や成果を積極的に公開することで、ステークホルダーとの信頼関係を構築することができます。

サステナビリティ経営を実践するためには、次に、パーパスと目標の設定を行うことが必要です。パーパスとは、企業が存在する理由や目的のことで、サステナビリティ経営では、社会に価値を提供することをパーパスとして掲げることが望ましいです。パーパスを明確にすることで、企業は、自らの役割や責任を認識し、社会的な課題に対する取り組みの方向性を決めることができます。また、パーパスに基づいて、具体的な目標や指標を設定することで、サステナビリティ経営の実効性や進捗状況を測定することができます。サステナビリティ経営の目標や指標は、SDGsやESG(環境・社会・ガバナンス)などの国際的な基準やガイドラインに沿って設定することが望ましいです。

サステナビリティ経営を実践するためには、最後に、実行と評価のPDCAサイクルを回すことが必要です。PDCAサイクルとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)の頭文字をとったもので、経営の改善サイクルのことです。サステナビリティ経営では、パーパスと目標に基づいて、具体的な行動計画を立て、それを実行することが重要です。また、実行した結果を定期的に評価し、目標や指標に対する達成度や課題を分析することが重要です。さらに、評価した結果をもとに、行動計画や目標を見直し、改善することが重要です。このように、PDCAサイクルを回すことで、サステナビリティ経営の効果や品質を高めることができます。

サステナビリティ経営とは、環境・社会・経済のバランスを考える経営のことです。サステナビリティ経営に取り組むことで、企業は長期的な競争力の向上やステークホルダーからの信頼と評価の獲得、新たな市場やビジネスチャンスの創出などのメリットを得ることができます。サステナビリティ経営を実践するためには、経営層のコミットメントと発信、パーパスと目標の設定、実行と評価のPDCAサイクルを回すことが必要です。サステナビリティ経営は、社会的な課題の解決と企業の成長を両立させるものとして、企業の未来を切り拓くものと言えます。

 

A1. ステークホルダーからの信頼と評価を獲得できることです。ステークホルダーとは、企業の経営活動に関係する人や組織のことで、顧客や従業員、株主や投資家、取引先や地域社会などが含まれます。サステナビリティ経営では、ステークホルダーとの対話や協働を重視し、情報開示や報告を行います。これにより、企業は、ステークホルダーの期待や要求に応えることができ、ブランドイメージや企業価値を高めることができます。

A2. ビジネスにおいてサステナビリティのパーパスを定義することは、長期的な競争力を高め、継続的な成長を実現するために不可欠です。パーパスは企業の存在意義を明確にし、内外のステークホルダーに対して強いメッセージを伝える基盤となります。これにより、企業は環境保護、社会貢献、経済的成功を統合した戦略を展開でき、ステークホルダーとの信頼関係を深めることができます。サステナビリティ経営を通じて、企業は新たな市場の機会を見出し、環境的および社会的責任を果たしながら経済的にも成功を収めることが可能です。

207 views

オランダはいかにしてサステナブル・フード大国に

オランダはサーキュラーエコノミーの取り組みなどサステナブルに対する取り組みを国を挙げて取り組んでおります。
この記事では、そのオランダがいかにしてサステナブル大国になったのかその要因がわかりやすくまとまっていた動画があったのでご紹介いたします。

動画の全体の流れをご説明いたします。


 

世界人口の増加、消費習慣の変化、気候危機の中で食料生産を確保することは、世界の喫緊の課題の一つです。しかし、オランダは、持続可能な農業の暗号を解き明かした、予想外の食糧大国として登場した。この記事では、オランダがどのようにしてこの偉業を達成したのか、そして他の国が彼らのアプローチから学ぶことができる重要な教訓を探ります。

食料システムに対する圧力は計り知れないものがあります。世界の人口は増加し、消費習慣は変化しています。同時に、気候危機が食糧生産に影響を及ぼしています。食料生産を確保するために重要なのは、持続可能な生産です。これは、肥料、農薬、水などの少ない資源でより多くの生産を行うことを意味します。持続可能な生産が重要なのは、それを怠ると地球に害を及ぼすからです。

 

持続可能な農業の鍵は、効率性です。今ある土地でより多くの食料を生産し、より少ない天然資源でそれを行うにはどうすればいいのか。オランダはこの課題に取り組み、半分の資源で2倍の量の食料を生産することに成功し、世界第2位の食料輸出国となりました。

 

オランダの成功の鍵は、コラボレーションです。持続可能な生産という共通の目標を達成するために、政府、科学団体、産業界が協力した。利害を一致させることで、世界でも類を見ない効率化を実現したのです。

 

オランダは、温室栽培を世界でも類を見ないほど完成させました。少ない天然資源で、1平方メートルあたりより多くの食料を生産しているのです。例えば、スペインの露地栽培に比べ、4倍少ない水で80倍のトマトを生産しています。ハイテクを活用することで、持続可能な方法で多くの食料を生産できる可能性があるのです。

 

オランダは、より良い、より効率的な栽培技術を生み出すために、絶え間なくイノベーションに向かって突き進んでいます。彼らはAIを使って植物の行動を学習し、農家から何も言われなくても条件を調整します。さらに、人間の手を加えることまで始めている。世界の食糧問題を解決する鍵は、超効率的な食糧生産者に頼ることだけではなく、その技術から学び、採用することにあるのです。

 

オランダのワールド・ホルティ・センターは、温室の中に温室を作りました。オランダと同じ収穫量を他の国で実現するためには、どのような工夫が必要なのか、地球上のあらゆる気候を再現することができるのです。このような取り組みにより、生産設備を作るための知識を世界中に輸出することができるのです。

 

長い目で見れば、オランダの将来は、世界の生産者になることではないはずです。オランダが思い描くのは、世界のためのデベロッパーである。この国は、生産施設を作るための知識を世界中に輸出していくのです。

 

オランダは、コラボレーション、イノベーション、効率性を取り入れることで、サステナブルフード大国として台頭してきました。オランダは、温室栽培のオペレーションを完成させ、AIベースの技術を開発し、気候条件を再現して、その知識を世界中に輸出しています。世界人口の増加、消費習慣の変化、気候危機に直面する中で、食料生産を確保するために、他の国々は彼らのアプローチから学ぶことができます。

193 views

サーキュラー・エコノミーとはなにか、企業のためのガイド

サーキュラーエコノミーは日本語では循環型経済と呼ばれ、従来の「取る・作る・捨てる」モデルである線型経済に代わる革新的な経済と言われております。線形経済製品のリサイクル、再利用、修理に焦点を当てた持続可能なシステムへとシフトしています。

本稿では、サーキュラーエコノミーについて、そのメリット、実例、ビジネスにおける将来展望をわかりやすく紹介します。

 

サーキュラーエコノミーでは、廃棄物の削減と資源の最適化に貢献する2つの主要な戦略として、メカニカルリサイクルとバイオリサイクルがあります。メカニカルリサイクルでは、材料を物理的に加工・変形させます。一方、バイオロジカルリサイクルでは、有機廃棄物を分解するために、分解などの自然プロセスを活用します。この2つのアプローチは、廃棄物を減らし、資源の価値を最大化するために連動しています。

 

サーキュラー・エコノミーの原則を採用することは、コスト削減、環境負荷の最小化、競争力の強化など、企業に無数の利益をもたらします。サーキュラーエコノミーを取り入れることで、企業は新たな収益機会を見出し、強固な顧客関係を築き、持続可能な発展を促進することができるのです。

 

無印良品やパナソニックなどの日本企業は、サーキュラーエコノミーモデルをうまく経営に取り入れています。例えば、無印良品は廃棄物ゼロを掲げ、リサイクルとアップサイクルの取り組みに重点を置いています。一方、パナソニックは、環境に配慮した製品の開発に注力し、技術革新を通じてサーキュラーエコノミーの推進に取り組んでいます。

 

また、世界中の数多くの企業がサーキュラーエコノミーの理念を受け入れています。例えば、アウトドアウェアのブランドであるパタゴニアは、製品の寿命を延ばすために修理プログラムを導入しています。また、イケアは2030年までに完全な循環型ビジネスモデルの実現を目指しており、修理や再利用、リサイクルが容易にできる製品を設計しています。

 

サーキュラーエコノミーの未来は、より多くの企業が持続可能な実践に取り組むことで、明るいものとなるでしょう。この動きは、技術の進歩、支持的な政策、消費者の意識の高まりによって推進されると思われ、これらすべてがサーキュラーエコノミーの成長と成功に貢献すると思われます。

 

サーキュラーエコノミーは、私たちが生産と消費に取り組む方法において、刺激的で変革的なパラダイムシフトを意味します。循環の視点を取り入れることで、私たちはより持続可能な未来を築くために協力し合うことができます。サーキュラー・エコノミーの可能性は、限りなく多くこれからのビジネスモデルへの採択に必要となると考えております。

そこで、当サービスではサーキュラーエコノミーをはじめ、持続可能性とビジネスに焦点をあて、様々な視点で情報を提供してまいります。

239 views

水中農園が世界を変える | Nemo’s Garden

イタリア沖にある水中農園「Nemo’s Garden」は、新鮮な野菜や果物を生産する、世界初の水中農園です。
イタリアのリビエラで水中栽培の完成を目指す、米国のオーシャンリーフ社によって作られました。

農園は、バイオスフィアと呼ばれる飛行場をクリアしたプラスチック製のポッド6個で構成され、水耕栽培技術を使って、CO2や酸素濃度、湿度、温度などを監視しています。
内部の湿度が内壁に沿って結露し、滴り落ちることで塩分を含まない水を作り出し、ほぼ完全に自給自足できるシステムになっています。
農園は、太陽エネルギーや水の淡水化で得られるエネルギーなど、再生可能なエネルギー源で運営されており、この農場では、さまざまなハーブ、サラダ、トマト、コートレット、豆、グリーンピース、アロエベラ、マッシュルーム、イチゴの栽培に成功しました。

専門家は、水中農場が陸上での農業に代わる持続可能な選択肢となり、農業への負担を減らすことができると考えています。
同団体は、水中農場が、地表の気温が高すぎて栽培が難しい沿岸地域の信頼できる食料源になりうると期待しております。

さらに、イタリアンファームは、ジュリア地域のタツノオトシゴの生息数がかつてないほど健全であることから、地域の海洋生態系に好影響を与えていることがわかりました。

海中温室は、モルディブのように生鮮食料品のほぼ100%を空輸している国を、地元や観光業に貢献する自立した農業国家に変えることにつながることを見込まれております。

下の動画は説明はありませんが、より鮮明に見られます。

 

土を使わず、水を 90% 削減する次世代農業 

True Garden は、持続可能な方法で野菜や果物を栽培する、垂直型のエアロポニック フード ファームです。

認可された薬剤師であるトロイ・オルブライトは、食物を育てる生物学に興味を持ち、家族の健康にとって良い栄養が重要であることを認識した後、自分の食物を育てることに情熱を傾けるようになりました。

この農場では、ココヤシの成長培地と、上部にポンプで汲み上げられてから植物に降り注ぐ栄養溶液を使用しています。
野菜は土、農薬、除草剤、殺菌剤を使用せずに栽培されているため、有機的でクリーンです。
植物は中空のチューブで栽培され、根は栄養素と物質で飽和しています。
管理された環境で育てられ、新鮮なまま収穫されるため、野菜は風味豊かで栄養素が豊富です。
農場の食物を育てる方法は、伝統的な農業とは異なり、持続可能なものです。
インタビュー対象者は、新鮮で栄養価の高い農産物を確実に食べられるように、人々が自分の食べ物を栽培することを勧めています。

トゥルー ガーデンのような垂直エアロポニック農業は、果物や野菜を栽培するための持続可能な方法です。
この方法は、ココヤシと栄養溶液を使用して、土壌、殺虫剤、除草剤、または殺菌剤を使用せずに植物を栽培します。
垂直農業はスペースを節約し、従来の農業方法よりも 90 ~ 98% 少ない水を使用し、90% 多くの食料を生産します。
小さなスペースで、毎週最大 100 家族を養うことができます。
良好な栄養は健康とウェルネスに不可欠であり、良好な栄養の基盤は成長し、清潔で新鮮で栄養価の高い食品を食べることです。

ヒポクラテスは、「食べ物を薬に、薬を食べ物にしよう」と言いました。
純粋な酸素のあるトゥルーガーデンの手付かずの緑の環境は、美しく健康的な光景です。
今回のインタビューで好きなものを育てること、シンプルに保つこと、きれいな水を使うこと、良質の苗を使うことを勧めています。垂直農業は、特に世界が変化し、資源が不足している現在、私たちのコミュニティを養うための持続可能なソリューションです。

革新的なエコ製品:持続可能なライフスタイルへの取り組み

現代の高速化する社会において、持続可能性は私たちの生活において重要な要素となっています。地球温暖化や気候変動が深刻化する現代社会において、人々はより持続可能な生活を送るための方法を模索しています。その一つの方法がサーキュラーエコノミー製品の採用です。これらの製品は、より持続可能で、リサイクル可能で、環境に優しく設計されています。本記事では、持続可能なライフスタイルに貢献する最も革新的なサーキュラーエコノミーに適した製品について解説します。

サーキュラーエコノミーとは何か? サーキュラーエコノミーは、資源を効率的に使用し、廃棄物を排除することを目的とした経済システムです。資源をできるだけ長く使用し、寿命が終わった後に回収・再生し、再び利用することを重視しています。サーキュラーエコノミーでは、廃棄物を最小限に抑え、製品や材料を可能な限り長く利用します。

  1. リサイクル可能なコーヒーカップ コーヒーカップは世界で最も使用される製品の一つであり、また、リサイクルが最も困難な製品の一つでもあります。この問題に対処するため、企業は再利用できるリサイクル可能なコーヒーカップの製造を始めました。これらのカップは竹、コーンスターチ、紙などのリサイクルしやすい素材で作られています。また、耐久性があり、何度も使用できるように設計されています。
  2. バイオデグラダブルなパッケージ パッケージの最大の問題の一つは、分解に時間がかかることです。この問題を解決するため、企業はバイオデグラダブルなパッケージの製造を始めました。このパッケージは竹、コーンスターチ、サトウキビなどの分解しやすい素材で作られています。バイオデグラダブルなパッケージは、廃棄物を減らし、環境保護に役立ちます。
  3. 持続可能な衣料品 ファッション産業は世界で最も汚染の大きい産業の一つです。この問題に対処するため、企業は持続可能な衣料品の製造を始めました。持続可能な衣料品は、環境に優しい素材で作られ、リサイクルしやすいです。一部の企業は、プラスチックボトルなどの再生資材から衣料品を製造している場合もあります。
  4. 環境に優しいクリーニング製品 クリーニング製品は環境と人間の健康に害を及ぼすことがあります。この問題に対処するため、企業は環境に優しいクリーニング製品の製造を始めました。これらの製品は、環境に安全な天然成分で作られており、分解しやすいように設計されています。
  5. リサイクル可能な電子製品 電子製品はリサイクルが最も困難な製品の一つです。この問題に対処するため、企業はリサイクル可能な電子製品の製造を始めました。これらの電子製品は、分解しやすく、リサイクルしやすく設計されています。一部の企業は、再生資材から電子製品を製造している場合もあります。

サーキュラーエコノミー製品の利点 サーキュラーエコノミー製品にはいくつかの利点があります。それらは、より持続可能で、リサイクル可能で、環境に優しいことです。また、廃棄物を減らし、自然資源を保護することができます。サーキュラーエコノミー製品を使用することで、私たちはより持続可能なライフスタイルを実現し、環境保護に貢献することができます。

サーキュラーエコノミー製品は、より持続可能なライフスタイルを実現するための優れた方法です

企業は、より持続可能で、リサイクル可能で、環境に優しい革新的なサーキュラーエコノミー製品を生産しています。これらの製品には、廃棄物を減らし、自然資源を保護するなどの多くの利点があります。サーキュラーエコノミー製品を採用することで、私たちは環境保護に貢献し、より持続可能な生活を送ることができます。

また、企業も持続可能なビジネスモデルを採用することが重要です。サーキュラーエコノミーを実践することで、企業は環境に配慮し、廃棄物を減らし、自然資源を保護することができます。これは、企業にとっても、社会にとってもプラスの影響を与えます。

サーキュラーエコノミーとは何ですか? サーキュラーエコノミーは、資源を効率的に使用し、廃棄物を排除することを目的とした経済システムです。資源をできるだけ長く使用し、寿命が終わった後に回収・再生し、再び利用することを重視しています。

他にはどのようなものがありますか? サーキュラーエコノミー製品の例には、リサイクル可能なコーヒーカップ、バイオデグラダブルなパッケージ、持続可能な衣料品、環境に優しいクリーニング製品、リサイクル可能な電子製品などがあります。

リサイクル可能なコーヒーカップはどのように再利用されますか? リサイクル可能なコーヒーカップは、再利用するためにクリーニングされます。カップが耐久性があるため、何度も使用できるため、環境に負荷をかけることなく使用できます。

サーキュラーエコノミー製品を採用することで、どのように環境に貢献できますか? サーキュラーエコノミー製品を使用することで、廃棄物を減らし、自然資源を保護することができます。また、リサイクル可能な製品を使用することで、新しい資源を使用することなく、廃棄物を減らすことができます。

サーキュラーエコノミー製品は高価ですか? サーキュラーエコノミー製品は、従来の製品よりもやや高価になることがあります。しかし、長期的な視点で見れば、持続可能で環境に優しく、廃棄物を減らすことができるため、投資する価値があります。

サーキュラーエコノミー製品はどこで入手できますか? サーキュラーエコノミー製品は、オンラインストアや環境に配慮したショップで入手できます。また、サーキュラーエコノミー製品に特化したショップもあります。

119 views

これからの農業を動画に学ぶ

(シンガポールのベンチャー企業 NextFarmersの紹介)

シンガポール政府は、世界的な人口増加と予期せぬ災害による食料安全保障の課題に対処するために、30 by 30 イニシアチブを開始しました。
革新的な都市農業ソリューションである Next Farmers は、同じ目標に取り組んでおり、将来に備えた技術を使用して、栄養価が高く無農薬の野菜を持続可能な方法で栽培しています。
完全に制御された無農薬の環境があり、自動化を使用して生産性を高め、人件費を削減しています。
農業と食品加工のための社内能力により、最も新鮮な農産物のみが顧客に届けられることが保証されます。
ネクスト ファーマーズは、誰もが、どの国でも、スケーラブルな食品エコシステムにアクセスできる未来を創造することを目指しています。

 

(水を 94% 削減し、土を使わない室内でトマトを栽培する)

このビニールハウスで育てられているトマトは、バックヤードの野菜畑よりも環境に優しく、効率的に作られています。トマトは、バソルト岩とチョークで作られたRockwoolスラブに成長させ、根が水と栄養素の混合物を滴下するようになっています。工場内で育てられているため、空気中の二酸化炭素を注入しています。また、トマトは手動で受粉する必要があるため、350人のスタッフのうちの1人が手動で行っています。水は再利用され、トマトの生産に必要な水の量が大幅に削減されています。

 

Boston.