70 views

なぜサステナビリティが重要なのか?環境・社会・経済3つの視点から考える

サステナビリティとは何か、サステナビリティを実現するための取り組みや方法、サステナビリティを評価する指標や基準について、分かりやすく説明しています。サステナビリティは、現代のビジネスにおいて、重要なテーマです。

サステナビリティについての記事も合わせてお読みください
サーキュラーエコノミーとサステナビリティについて学ぶ

サステナビリティ経営のメリットとは?事例から学ぶビジネス戦略

SDGsとサステナビリティの関係を解説!ビジネスで活用するためのポイント

 

地球環境は危機的な状況にあります。これは、人類の活動によって引き起こされた地球温暖化や気候変動、資源の枯渇などの問題が原因です。これらの問題は、私たちの生活や経済にも深刻な影響を及ぼしています。したがって、地球環境を守ることは、私たち自身のためにも必要なことです。

  • 地球温暖化の原因と現状

地球温暖化とは、大気中の温室効果ガス(二酸化炭素やメタンなど)の増加によって、地球の平均気温が上昇する現象です。温室効果ガスは、人類の工業活動やエネルギー消費、森林伐採などによって排出されています。地球温暖化は、過去100年間で約1℃の気温上昇をもたらし、今後も加速すると予測されています。

  • 気候変動の影響と対策

気候変動とは、地球温暖化によって、気候のパターンや極端な現象が変化することです。気候変動は、海面上昇や氷河の融解、熱波や干ばつ、洪水や台風などの自然災害、食糧や水の不足、感染症の拡大など、人類や生態系に多くの悪影響を与えています。気候変動に対処するためには、温室効果ガスの排出量を削減することが必要です。そのためには、再生可能エネルギーの利用や省エネルギーの技術の開発、環境に優しいライフスタイルの実践などが求められています。

  • 資源の枯渇と循環型社会

資源の枯渇とは、人類の消費が資源の再生能力を超えてしまうことです。資源の枯渇は、化石燃料や金属、水や土壌など、私たちの生活や経済に欠かせないものに影響を及ぼしています。資源の枯渇に対応するためには、循環型社会の構築が必要です。循環型社会とは、資源の有効利用や廃棄物の削減、リサイクルやリユースなどを通じて、資源の循環を促進する社会です。

地球環境は危機的な状況にあります。これは、人類の活動によって引き起こされた地球温暖化や気候変動、資源の枯渇などの問題が原因です。これらの問題は、私たちの生活や経済にも深刻な影響を及ぼしています。したがって、地球環境を守ることは、私たち自身のためにも必要なことです。サステナビリティの視点から、環境に配慮した行動や政策を取ることが求められています。

経済格差は社会の不安定要因です。これは、所得や資産、教育や健康などにおいて、人々の間に大きな差が生じていることを意味します。経済格差は、グローバリゼーションや技術革新、政策や制度などの要因によって拡大しています。経済格差は、貧困や社会的排除、暴力や犯罪、人権侵害など、社会の様々な問題を引き起こしています。したがって、経済格差を是正することは、社会の安定や平和を保つためにも必要なことです。

  • 経済格差の定義と指標

経済格差とは、経済的な面で人々の間に存在する不平等な状態です。経済格差を測る指標には、ジニ係数やパレート指数、ローレンツ曲線などがあります。これらの指標は、所得や資産の分布の偏りや偏極化を表すものです。経済格差の指標は、国や地域、年代や性別などの切り口で比較することができます。

  • 経済格差の原因と結果

経済格差の原因には、グローバリゼーションや技術革新、政策や制度などがあります。グローバリゼーションや技術革新は、経済の成長や効率化を促進する一方で、競争や構造変化によって、一部の人や地域に利益を集中させることもあります。政策や制度は、税制や社会保障、教育や医療などを通じて、経済格差を緩和する役割を果たすことができますが、逆に、不公正や不透明な仕組みによって、経済格差を拡大することもあります。経済格差の結果には、貧困や社会的排除、暴力や犯罪、人権侵害などがあります。貧困や社会的排除は、人々の生活の質や幸福度を低下させるだけでなく、教育や健康、就労などの機会を奪うこともあります。暴力や犯罪は、社会の秩序や安全を乱すだけでなく、人々の信頼や協力を損なうこともあります。人権侵害は、人々の尊厳や自由を侵すだけでなく、民主主義や法の支配を脅かすこともあります。

68 views

SDGsとサステナビリティの関係を解説!ビジネスで活用するためのポイント

SDGsとサステナビリティという言葉を聞いたことがありますか?これらは、現代のビジネスに欠かせない概念です。SDGsとサステナビリティは、どのように関係しているのでしょうか?また、ビジネスで活用するためには、どのようなポイントがあるのでしょうか?この記事では、SDGsとサステナビリティの関係を解説し、ビジネスで活用するためのポイントを紹介します。

 

サステナビリティについての記事も合わせてお読みください
サーキュラーエコノミーとサステナビリティについて学ぶ

サステナビリティ経営のメリットとは?事例から学ぶビジネス戦略

 

サステナビリティとは、英語でsustainabilityと言い、持続可能性と訳されます。サステナビリティとは、現在の人々のニーズを満たしながら、将来の世代のニーズを損なわないように、資源や環境を保全することを意味します。サステナビリティは、1992年に開催された国連環境開発会議(リオサミット)で採択された「環境と開発に関するリオ宣言」や「持続可能な開発のための行動計画(アジェンダ21)」などの国際的な取り組みに基づいています。

サステナビリティは、経済・社会・環境の3つの側面をバランスよく考慮することが重要です。経済的には、企業や個人の利益や成長を追求することが必要です。社会的には、人権や平等、教育や健康などの社会的な価値を尊重することが必要です。環境的には、地球温暖化や生物多様性の減少などの環境的な問題に対処することが必要です。これらの3つの側面は、相互に影響し合っており、一方を犠牲にして他方を優先することはできません。サステナビリティは、これらの3つの側面を調和させることで、持続可能な社会を実現することを目指す考え方や活動です。

SDGsとは、英語でSustainable Development Goalsと言い、持続可能な開発目標と訳されます。SDGsとは、2015年に国連が採択した、2030年までに達成すべき17の目標と169のターゲットのことです。SDGsは、貧困や飢餓、気候変動などの世界的な課題に対処するために、国際社会が共通の目標として掲げたものです。

SDGsは、サステナビリティを実現するための具体的な目標や指針です。SDGsは、経済・社会・環境の3つの側面に加えて、平和やパートナーシップといった側面も含んでいます。SDGsは、すべての国や地域、すべての人や組織にとって、共通の責任と機会を提供します。SDGsは、サステナビリティに関する国際的な基準やガイドラインとして、広く認知されています。

サステナビリティとSDGsは、どちらも持続可能な社会を実現することを目的としていますが、その違いは、サステナビリティが目指すべき理想であり、SDGsがそのための手段であるという点です。サステナビリティは、経済・社会・環境のバランスを考える考え方や活動であり、その内容や方法は、国や地域、人や組織によって異なることができます。SDGsは、サステナビリティを実現するための具体的な目標や指針であり、その内容や方法は、国際社会が合意したものです。サステナビリティとSDGsは、互いに補完し合う関係にあります。サステナビリティは、SDGsの達成に向けて、ビジョンやモチベーションを提供します。SDGsは、サステナビリティの実現に向けて、アクションや評価を提供します。

サステナビリティ経営とは、サステナビリティの観点を経営に取り入れることで、事業の持続可能性を高める経営です。サステナビリティ経営では、経済・社会・環境の3つの側面に配慮した製品やサービスを開発したり、省エネやリサイクルなどの環境負荷の低減に努めたりします。また、サステナビリティ経営では、法令や規制の遵守だけでなく、自主的な行動基準や倫理規範を設定したり、コーポレートガバナンスやコンプライアンスを強化したりします。さらに、サステナビリティ経営では、ステークホルダーとの対話や協働を重視し、情報開示や報告を行います。これらの取り組みにより、サステナビリティ経営は、企業の競争力や信頼性、社会的責任や価値を高めることができます。

サステナビリティ経営に取り組むメリットは、多岐にわたります。ここでは、代表的なメリットをいくつか紹介します。

  • 企業価値の向上:サステナビリティ経営に取り組むことで、企業は、顧客のニーズや市場の変化に対応しやすくなり、イノベーションや差別化を図ることができます。また、企業は、リスクの回避や管理を効果的に行うことができます。これにより、企業は、長期的な競争力や収益性を向上させることができます。
  • 事業拡大の可能性:サステナビリティ経営に取り組むことで、企業は、新たな市場やビジネスチャンスを創出することができます。サステナビリティ経営では、社会的な課題を解決することで、社会に価値を提供することを目指します。これにより、企業は、既存の市場や顧客だけでなく、新たな市場や顧客を開拓することができます。
  • 従業員エンゲージメントの高まり:サステナビリティ経営に取り組むことで、企業は、従業員のモチベーションやロイヤリティを高めることができます。サステナビリティ経営では、企業が社会に価値を提供することをパーパスとして掲げます。これにより、従業員は、自らの仕事に意義や誇りを感じることができます。また、サステナビリティ経営では、従業員の人材育成や働き方改革などにも配慮します。これにより、従業員は、自らの能力やキャリアを向上させることができます。
  • 資金調達の有利さ:サステナビリティ経営に取り組むことで、企業は、資金調達の際に有利になることができます。サステナビリティ経営では、ESGと呼ばれる環境・社会・ガバナンスの指標に基づいて、企業のサステナビリティに関する情報を開示します。これにより、企業は、投資家や金融機関からの信頼や評価を得ることができます。また、企業は、サステナビリティに配慮した投資や融資の対象となることができます。

サステナビリティ経営に取り組む企業は、世界中に数多く存在します。ここでは、その中から、ユニリーバ、キリンホールディングス、トヨタ自動車という3つの企業の事例を紹介します。

  • ユニリーバ:ユニリーバは、食品や日用品などの消費財の製造・販売を行う企業です。ユニリーバは、サステナビリティ経営の一環として、自社のミッションとして「持続可能な生活を普及させる」というミッションを掲げており、その実現のために、様々な取り組みを行っています。例えば、ユニリーバは、自社の製品やサービスを通じて、貧困や不衛生などの社会的な課題に対処しています。例えば、ユニリーバの石鹸ブランドであるライフブイは、衛生的な手洗いの普及や感染症の予防に貢献しています。また、ユニリーバの食品ブランドであるノールは、栄養不足や食品ロスの解決に貢献しています。さらに、ユニリーバは、自社の製品やサービスだけでなく、サプライチェーンやコミュニティの持続可能性にも配慮しています。例えば、ユニリーバは、原材料の調達や生産において、環境や人権の保護、労働条件の改善、公正な取引などの基準を設けています。また、ユニリーバは、農家や小売業者などのパートナーの能力向上や収入増加にも支援しています。ユニリーバのサステナビリティ経営は、社会的な課題の解決と企業の成長を両立させるものとして、高く評価されています。
  • .

57 views

サステナビリティ経営のメリットとは?事例から学ぶビジネス戦略

サステナビリティ経営とは、環境・社会・経済のバランスを考える経営のことです。サステナビリティ経営に取り組むことで、企業は長期的な競争力の向上やステークホルダーからの信頼と評価の獲得、新たな市場やビジネスチャンスの創出などのメリットを得ることができます。この記事では、サステナビリティ経営のメリットと成功事例を紹介し、サステナビリティ経営を実践するために必要なポイントを解説します。

サステナビリティについての記事も合わせてお読みください
サーキュラーエコノミーとサステナビリティについて学ぶ

サステナビリティとは、英語でsustainabilityと言い、持続可能性と訳されます。サステナビリティとは、現在の人々のニーズを満たしながら、将来の世代のニーズを損なわないように、資源や環境を保全することを意味します。サステナビリティは、1992年に開催された国連環境開発会議(リオサミット)で採択された「環境と開発に関するリオ宣言」や「持続可能な開発のための行動計画(アジェンダ21)」などの国際的な取り組みに基づいています。

サステナビリティ経営とは、サステナビリティの考え方を経営に取り入れることです。サステナビリティ経営では、環境・社会・経済の3つの側面をバランスよく考慮し、企業の利益だけでなく、社会的な責任や価値も追求することが重要です。サステナビリティ経営は、英語でsustainable managementやcorporate sustainabilityと言われ、CSR(企業の社会的責任)やCSV(社会的価値の創造)とも関連しています。

サステナビリティ経営の歴史は、1970年代にさかのぼります。当時、石油危機や環境問題などの社会的な課題が顕在化し、企業に対する社会的な期待や要求が高まりました。その結果、企業は、自らの経営活動が社会や環境に与える影響について、積極的に情報開示や対話を行うようになりました。これが、CSRの始まりと言われています。その後、2000年代に入ると、CSRだけでなく、社会的な課題をビジネスチャンスに変えるCSVや、社会的な目的を持つソーシャルビジネスなどの概念が登場しました。これらの概念は、サステナビリティ経営の発展に寄与しました。また、2015年には、国連がSDGs(持続可能な開発目標)を採択し、サステナビリティに関する世界的な共通の目標が定められました。SDGsは、2030年までに、貧困や飢餓、気候変動などの17の課題を解決することを目指しています。SDGsは、サステナビリティ経営の指針となっています。

サステナビリティ経営に取り組むことで、企業は長期的な競争力を向上させることができます。サステナビリティ経営では、環境や社会に配慮した製品やサービスを開発したり、省エネやリサイクルなどの環境負荷の低減に努めたりします。これにより、企業は、顧客のニーズや市場の変化に対応しやすくなり、イノベーションや差別化を図ることができます。また、サステナビリティ経営では、法令や規制の遵守だけでなく、自主的な行動基準や倫理規範を設定したり、コーポレートガバナンスやコンプライアンスを強化したりします。これにより、企業は、リスクの回避や管理を効果的に行うことができます。

サステナビリティ経営に取り組むことで、企業はステークホルダーからの信頼と評価を獲得することができます。ステークホルダーとは、企業の経営活動に関係する人や組織のことで、顧客や従業員、株主や投資家、取引先や地域社会などが含まれます。サステナビリティ経営では、ステークホルダーとの対話や協働を重視し、情報開示や報告を行います。これにより、企業は、ステークホルダーの期待や要求に応えることができ、ブランドイメージや企業価値を高めることができます。

サステナビリティ経営に取り組むことで、企業は新たな市場やビジネスチャンスを創出することができます。

サステナビリティ経営では、社会的な課題を解決することで、社会に価値を提供することを目指します。これにより、企業は、既存の市場や顧客だけでなく、新たな市場や顧客を開拓することができます。例えば、貧困や教育、健康などの課題に取り組むことで、発展途上国や低所得層などの未開拓の市場にアクセスすることができます。また、環境やエネルギー、資源などの課題に取り組むことで、グリーンやクリーンな製品やサービスに対する需要を創出することができます。

エーザイは、医薬品や医療機器の製造・販売を行う企業です。エーザイは、サステナビリティ経営の一環として、SDGsの目標のうち、特に「健康と福祉」に関する目標に注力しています。エーザイは、自社のミッションとして「人々の健康と幸せに貢献する」というパーパスを掲げており、その実現のために、様々な取り組みを行っています。例えば、エーザイは、ネグレクテッド・トロピカル・ディジーズ(NTDs)と呼ばれる、発展途上国で広く流行しているが、十分な治療が行われていない感染症に対して、医薬品の無償提供や研究開発の支援を行っています。また、エーザイは、がんや認知症などの難治性の疾患に対して、革新的な医薬品の開発や普及に努めています。さらに、エーザイは、自社の製品やサービスだけでなく、社会貢献活動や環境保全活動などにも積極的に取り組んでいます。エーザイのサステナビリティ経営は、社会的な課題の解決と企業の成長を両立させるものとして、高く評価されています。

大林組は、建設業を中心とした総合建設コンサルタント企業です。大林組は、サステナビリティ経営の一環として、SDGsの目標のうち、特に「産業と技術革新の基盤をつくろう」に関する目標に注力しています。大林組は、自社のビジョンとして「人と地球にやさしい社会づくりに貢献する」というビジョンを掲げており、その実現のために、様々な取り組みを行っています。例えば、大林組は、環境に配慮した建築物やインフラの設計・施工を行っており、省エネや再生可能エネルギーの活用、廃棄物の削減やリサイクル、緑化や生物多様性の保全などの工夫をしています。また、大林組は、先端技術やデジタル技術の導入によって、建設業の生産性や品質の向上を図っています。さらに、大林組は、自社の製品やサービスだけでなく、地域社会や教育機関との連携や協力、従業員の人材育成や働き方改革などにも積極的に取り組んでいます。大林組のサステナビリティ経営は、環境と経済の両立と社会の発展を目指すものとして、高く評価されています。

ユニリーバは、食品や日用品などの消費財の製造・販売を行う企業です。ユニリーバは、サステナビリティ経営の一環として、SDGsの目標のうち、特に「貧困をなくそう」に関する目標に注力しています。ユニリーバは、自社のミッションとして「持続可能な生活を普及させる」というミッションを掲げており、その実現のために、様々な取り組みを行っています。例えば、ユニリーバは、自社の製品やサービスを通じて、貧困や不衛生などの社会的な課題に対処しています。例えば、ユニリーバの石鹸ブランドであるライフブイは、衛生的な手洗いの普及や感染症の予防に貢献しています。また、ユニリーバの食品ブランドであるノールは、栄養不足や食品ロスの解決に貢献しています。さらに、ユニリーバは、自社の製品やサービスだけでなく、サプライチェーンやコミュニティの持続可能性にも配慮しています。例えば、ユニリーバは、原材料の調達や生産において、環境や人権の保護、労働条件の改善、公正な取引などの基準を設けています。また、ユニリーバは、農家や小売業者などのパートナーの能力向上や収入増加にも支援しています。ユニリーバのサステナビリティ経営は、社会的な課題の解決と企業の成長を両立させるものとして、高く評価されています。

  • Lushは、主に「貧困をなくそう」や「生き物の多様性を守ろう」などの目標に取り組んでいます。Lushは、原材料の調達や製品の開発において、フェアトレードや動物実験の反対、プラスチックの削減などの基準を設けています。また、Lushは、自社の製品やサービスだけでなく、社会貢献活動や環境保全活動などにも積極的に取り組んでいます。
  • キリンホールディングスは、主に「健康と福祉」や「産業と技術革新の基盤をつくろう」などの目標に取り組んでいます。キリンホールディングスは、自社の製品やサービスを通じて、健康や栄養の向上に貢献しています。また、キリンホールディングスは、原材料の調達や生産において、レインフォレスト・アライアンス認証を取得し、環境や社会の持続可能性に配慮しています。
  • トヨタ自動車は、主に「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」や「住み続けられるまちづくりを」などの目標に取り組んでいます。トヨタ自動車は、自社の製品やサービスを通じて、エネルギーの効率化や再生可能エネルギーの活用に貢献しています。また、トヨタ自動車は、富士山の麓に「Woven City」というコネクテッドシティの実証都市を建設し、持続可能な社会の実現に向けて研究開発を行っています。
項目 Lush キリンホールディングス トヨタ自動車
パーパス 人々と地球に優しい化粧品を提供する 健康と幸せを飲み物から創る 移動の自由と安全を実現する
何を 環境や社会に配慮した原材料の調達や製品の開発 健康や栄養に貢献する製品やサービス エネルギーの効率化や再生可能エネルギーの活用
どのように フェアトレードや動物実験の反対、プラスチックの削減などの基準を設ける レインフォレスト・アライアンス認証を取得し、環境や社会の持続可能性に配慮する コネクテッドシティの実証都市を建設し、持続可能な社会の実現に向けて研究開発を行う

このように、サステナビリティ経営に取り組む企業は、それぞれの事業領域や強みに応じて、SDGsの目標に貢献する方法を探しています。SDGsの目標は、相互に関連し合っているので、一つの目標に取り組むことが他の目標にも影響を与えることがあります。企業は、自社のサステナビリティ経営の効果や課題を分析し、改善することで、より多くの目標に貢献できるようになるかもしれません。

サステナビリティ経営を実践するためには、まず、経営層がサステナビリティに対するコミットメントと発信を行うことが必要です。

経営層がサステナビリティに対するコミットメントと発信を行うことで、企業の方向性や目標を明確にし、社内外に共有することができます。これにより、組織全体の意識や行動の統一を図ることができます。また、経営層がサステナビリティに関する情報や成果を積極的に公開することで、ステークホルダーとの信頼関係を構築することができます。

サステナビリティ経営を実践するためには、次に、パーパスと目標の設定を行うことが必要です。パーパスとは、企業が存在する理由や目的のことで、サステナビリティ経営では、社会に価値を提供することをパーパスとして掲げることが望ましいです。パーパスを明確にすることで、企業は、自らの役割や責任を認識し、社会的な課題に対する取り組みの方向性を決めることができます。また、パーパスに基づいて、具体的な目標や指標を設定することで、サステナビリティ経営の実効性や進捗状況を測定することができます。サステナビリティ経営の目標や指標は、SDGsやESG(環境・社会・ガバナンス)などの国際的な基準やガイドラインに沿って設定することが望ましいです。

サステナビリティ経営を実践するためには、最後に、実行と評価のPDCAサイクルを回すことが必要です。PDCAサイクルとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)の頭文字をとったもので、経営の改善サイクルのことです。サステナビリティ経営では、パーパスと目標に基づいて、具体的な行動計画を立て、それを実行することが重要です。また、実行した結果を定期的に評価し、目標や指標に対する達成度や課題を分析することが重要です。さらに、評価した結果をもとに、行動計画や目標を見直し、改善することが重要です。このように、PDCAサイクルを回すことで、サステナビリティ経営の効果や品質を高めることができます。

サステナビリティ経営とは、環境・社会・経済のバランスを考える経営のことです。サステナビリティ経営に取り組むことで、企業は長期的な競争力の向上やステークホルダーからの信頼と評価の獲得、新たな市場やビジネスチャンスの創出などのメリットを得ることができます。サステナビリティ経営を実践するためには、経営層のコミットメントと発信、パーパスと目標の設定、実行と評価のPDCAサイクルを回すことが必要です。サステナビリティ経営は、社会的な課題の解決と企業の成長を両立させるものとして、企業の未来を切り拓くものと言えます。

 

A1. ステークホルダーからの信頼と評価を獲得できることです。ステークホルダーとは、企業の経営活動に関係する人や組織のことで、顧客や従業員、株主や投資家、取引先や地域社会などが含まれます。サステナビリティ経営では、ステークホルダーとの対話や協働を重視し、情報開示や報告を行います。これにより、企業は、ステークホルダーの期待や要求に応えることができ、ブランドイメージや企業価値を高めることができます。

A2. ビジネスにおいてサステナビリティのパーパスを定義することは、長期的な競争力を高め、継続的な成長を実現するために不可欠です。パーパスは企業の存在意義を明確にし、内外のステークホルダーに対して強いメッセージを伝える基盤となります。これにより、企業は環境保護、社会貢献、経済的成功を統合した戦略を展開でき、ステークホルダーとの信頼関係を深めることができます。サステナビリティ経営を通じて、企業は新たな市場の機会を見出し、環境的および社会的責任を果たしながら経済的にも成功を収めることが可能です。

91 views

環境変化によるブルーフードの世界的リスク

 

参考記事
More than 90% of global aquatic food production faces substantial risk from environmental change, finds new research – Stanford Center for Ocean Solutions

45 views

水産養殖の未来:革新的技術による新しい魚の養殖

The future of aquaculture. New fish farming technologies – Innovative Techs

最新の水産養殖について、詳しく紹介されている動画がありましたので、こちらについて要約と感想を記述いたします。
詳しい内容は動画をご覧ください。

水産養殖は世界で最も速いペースで成長している食品生産分野です。海産物の需要が高まる中、この分野の発展は重要性を増しています。

人工知能や微生物などの技術革新が水産養殖業の成長を加速しています。これらの技術により、生産効率が大幅に向上し、さまざまな種類の海産物の養殖が可能になります。

これらの革新により、海へのアクセスがある国々は海産物不足の問題を解決することが可能になり、グローバルな食料供給に貢献できます。


過剰な漁業により多くの海洋生物が絶滅の危機に瀕しています。これに対応するため、水産養殖が海洋生物の保護に一役買っています。

食用に適した海洋生物の繁殖と栽培を通じて、絶滅の危機にある種の保護につながります。これにより、生物多様性の保持に貢献しています。

異なる国々の漁業法の違いを克服し、国際協力による海洋生物の保護が求められています。水産養殖はこのような問題への解決策として注目されています。


Siwa Tech AB社の技術は、工業廃棄物を利用した微生物栽培により、廃棄物処理と養殖業の両方の問題を解決します。

この技術により、海洋生物を餌として消費することなく、高品質の餌を生産できます。これは養殖業の持続可能性を高める重要なステップです。

この技術はヨーロッパでの導入が計画されており、将来的には世界的な拡大が期待されます。これにより、養殖業全体の持続可能性が向上します。


シンガポールのアポロ水産養殖グループは、土地の不足を解決するために垂直魚農場を導入しました。この斬新なアプローチは、空間効率を大幅に向上させています。

水の自動更新システムや電子在庫管理システムにより、運営コストを大幅に削減し、効率的な養殖が可能になります。

これらの技術革新は、シンガポールにおける養殖業の生産効率を大幅に向上させており、他の国々にも応用可能です。


iFarmプロジェクトは、魚の個別健康管理をAIにより行うことで、養殖業の効率と品質を向上させています。

この技術により、魚の健康と福祉が向上し、長期的には養殖業の持続可能性に大きく貢献します。

3:.

41 views

イチゴの水耕栽培の進化

 


ハイドロポニック(水耕栽培)は、土を使わずに植物を育てる方法です。この技術を用いることで、イチゴを含むさまざまな植物が年間を通して栽培可能になります。無土壌基質と栄養豊富な液体を使用し、イチゴの品質と収量を最大化します。

約1500種類のイチゴの中から、特にハイドロポニック栽培に適した品種が選ばれています。これらの品種は、水耕栽培における特有の環境に最適化されており、より豊かな味と収穫量を実現します。

ハイドロポニック栽培を開始するには、適切なシステムの設置が必要です。様々な水耕栽培システムが存在し、それぞれに特徴と利点があります。適切なシステムの選択は、イチゴの品質と収穫量に直接影響します。

 


ハイドロポニック栽培では、成長媒体が根の安定と栄養吸収に不可欠です。イチゴには特に通気性の高い媒体が適しており、バラストーン、粘土ペレット、ココナッツコア、岩綿などが一般的に使用されます。

水耕栽培では、土壌に依存せず、液体肥料を使用して栄養を供給します。有機肥料と化学肥料の選択が可能で、これによりイチゴの栄養要件を効果的に管理できます。

水耕栽培システムの定期的なメンテナンスと管理は、健康なイチゴの成長に必要です。適切な水と肥料のバランスが、品質の高いイチゴを生産する鍵です。


イチゴは、果実の表面が75%以上赤くなった時点で収穫が可能です。このタイミングで収穫することで、最適な味と品質を確保できます。

水耕栽培によるイチゴは、土壌栽培と比べて味やテクスチャに違いが出ることがあります。これは使用する栄養溶液によって異なり、様々な味わいを楽しむことができます。

水耕栽培により収穫されたイチゴは、適切に保存すれば、長期間新鮮さを保つことができます。これにより、年間を通して高品質なイチゴを提供することが可能になります。


ハイドロポニックイチゴ農法は、持続可能で効率的な栽培方法として注目されています。この技術により、イチゴの品質、収穫量、および栽培の効率が大幅に向上し、年間を通じて安定した供給が可能になります。これらの革新は、イチゴ農業に新たな可能性をもたらし、持続可能な農業の未来を切り開いています。

176 views

持続可能性とBluefood – ブルーフードとは何か

ブルーフードは、海や湖、川から得られる食料を指し、3000種以上の水生生物が含まれます。このブルーフードは、世界中の30億人以上の人々の栄養補給と生計を支えています。ブルーフードは多くの公衆衛生の恩恵を提供しており、人体に必須のビタミンやミネラルを含み、健康な動物性タンパク質の供給源となっています。

2023年現在、我々の食糧システムは大きな変革の最中にあります。その中心にあるのがブルーフードです。この記事では、その概要と未来について深掘りしていきます。

2030年までに水生食物の生産を増やすことで、1億6600万人の栄養不足を防ぐことが可能です。しかし、ブルーフードの生産とその影響には多くの側面があります。

ブルーフードは、より健全で持続可能な食糧システムを作るための可能性を持っています。それは、魚や貝、藻類の生産が地球上の自然資源を節約し、生態系に対する影響を最小限に抑えられるからです。

ブルーフードは世界の食料安全保障にとって重要な役割を果たしています。それは、食料の安全保障を達成し、栄養失調を終わらせ、健康的で自然に好ましく、レジリエントな食料システムを構築するために不可欠な要素です。ブルーフードは小規模漁業を通じて多様な種類の生物と生計を提供し、気候変動に対するレジリエンスを提供することができます。

ブルーフードは陸上の農作物や家畜に比べて栄養価が高く、特にミネラルとオメガ3脂肪酸が豊富です。これにより、栄養不良や肥満、食事関連の疾患に対処する手段となりえます。

ブルーフードは、特に女性、子供、高齢者に利益をもたらす可能性があります。これらの人々は、ブルーフードが豊富に含むミネラルやオメガ3脂肪酸の恩恵を最も受けることができます。

ブルーフードの需要は、収入、価格、消費者の選好などによって形成されています。特に低所得者は収入の変動に対して敏感であり、価格の変動によってブルーフードの消費量が大きく変動する可能性があります。

ブルーフードの需要は、供給、手頃な価格、貿易などによって大きく影響を受けます。例えば、アジアでは水産養殖が拡大し、養殖魚の価格が下がり、低所得者でも手に入れやすくなっています。

地域によってブルーフードの消費傾向は大きく異なります。これは、各地域の文化や伝統、好みなどが影響しています。例えば、アジアでは淡水魚の消費が顕著に増加しています。

持続可能なブルーフードシステムの開発は、乱獲の終了、海洋生態系の保全、小規模漁業者への資源へのアクセスの確保などが必要です。また、政策策定、汚染管理、貿易政策、食事指導、研究と革新への公的投資にブルーフードを組み込むことも重要です。

ブルーフードは、低い温室効果ガス排出量と生物多様性に対する肯定的な影響を持つことから、自然に好ましく持続可能な食料生産に寄与する可能性があります。これは、ブルーフードが持続可能な開発目標に貢献し、より健康で公正な世界的な食料システムを推進する可能性を示しています。

ブルーフードは公衆衛生にとって非常に重要な要素であり、ビタミンやミネラルとオメガ3脂肪酸に富んでいます。これらの成分は、栄養不足の解消に寄与し、慢性疾患を予防する可能性があります。また、ブルーフードは心臓病や糖尿病のリスクを減らし、一般的な健康状態を向上させることができます。

ブルーフードの栄養価は、その多様性とバランスの良さによるものです。ブルーフードは、良質なタンパク質、ビタミンやミネラル、オメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。これらは、免疫機能の強化、脳の発達、心臓病のリスクの減少など、人間の健康に非常に重要です。

ブルーフードは、持続可能な食料生産の一部として、環境に肯定的な影響をもたらす可能性があります。ブルーフードの生産は、陸上の家畜や作物の生産に比べて、一般的により低い温室効果ガス排出量を示しています。このため、ブルーフードは気候変動対策に重要な役割を果たすことができます。

ブルーフードの生産は、海洋生態系の保全にも寄与する可能性があります。適切に管理されたブルーフードシステムは、生物多様性の保全、海洋汚染の削減、そして海洋生態系の健全性の維持に役立つと考えられています[

194 views

サーキュラーエコノミーとサステナビリティについて学ぶ

サーキュラーエコノミーとサステナブルについて無料で学びましょう。
これからの経済に必要な循環経済を深く理解することができます。
後半にはビジネスへの応用についても言及しております。

※初学者を対象にしたレッスンを無料公開したものです。記事としての表現に違和感があるかもしれません。ご容赦願います。

昔、資源が無限にあると思われていた地球では、線形経済と呼ばれるリニアエコノミーモデルが支配的でした。この「取る・作る・捨てる」のアプローチは、かつてないほどの繁栄をもたらしましたが、環境には壊滅的な打撃を与えました。資源は有限であり、環境も悪化しているという現実が明らかになると、新たなパラダイムが出現しました。

それがサーキューラーエコノミーです。循環型経済とも呼ばれ、廃棄物を最小限に抑え、資源効率を最大化することを目指す再生・修復モデルです。リデュース、リユース、リサイクルの3つの基本原則に基づいて構築されています。一方、サステナビリティとは持続可能性と呼ばれ、将来の世代が需要を満たす能力を無くすることなく、現在の需要を満たすことを指します。サーキュラーエコノミーは、持続可能性を実現するための重要な戦略であり、この2つのコンセプトは相互に絡み合っています。

リニアエコノミーな都市と、サーキュラーエコノミーを採用した都市の2つの物語を想像してみてください。リニアな都市は、深刻な汚染、埋立地、資源不足に直面し、サーキュラー型都市は、よりクリーンな環境、より強靭な経済、より健康な人口を享受しています。この授業では、私たちの世界を循環型都市に変え、すべての人のための持続可能な未来を確保する方法を探ります。

線形経済は、前述のように「取る・作る・捨てる」の繰り返しです。資源を貪欲に消費することで悲惨な結末を迎える、まるでおとぎ話のようなものです。一方、循環型経済は、材料や資源を循環させながら、終わりのない物語を作り上げていくものです。

例えば、スマートフォンの製造を考えてみましょう。直線的な経済では、原材料を採取し、加工し、製造してデバイスを作りますが、使用後は最終的に廃棄されることになります。しかし、循環型経済では、スマートフォンは簡単に分解、修理、リサイクルできるように設計されています。携帯電話の寿命が尽きると、材料は回収され、新しい製品に再び組み込まれます。このような変革は、資源を節約するだけでなく、新たな経済機会も生み出します。

このコースを通じて、デザインや生産から消費、廃棄物管理まで、循環型経済のさまざまな側面を探ります。循環型社会の推進と実践における企業、政府、個人の役割について学び、世界で最も差し迫った環境問題に対する革新的な解決策を見出します。

かつて、企業は利益の最大化のみに重点を置いていました。しかし、環境危機が深まるにつれ、長期的な成功はサステナビリティの導入にかかっていることに気づいたのです。実際、最近の調査では、76%の経営幹部が、持続可能性が将来の競争力にとって重要な要素であることに同意しています。

越石

株式会社銭内堂 代表取締役社長
マーケティング/Web/システム開発/映像制作事業
新規事業の伴走支援をしています
www.zeninaido.jp