123 views

サーキュラーエコノミーの原則を学ぶ

資源を採取し、製品に変え、使用し、廃棄するという従来の直線的な経済モデルは、持続可能ではありません。資源の枯渇、環境汚染、経済的非効率を招きます。

しかし、循環型経済モデルは、資源をできるだけ長く使用し続け、そこから最大限の価値を引き出し、耐用年数が過ぎた製品や素材を回収・再生することで、持続可能な代替案を提供します。

この記事では、循環型経済の基本原則と、線形経済モデルとの違いを探ります。また、循環型経済の実践例やケーススタディについても検討します。

循環型経済とは、資源をできるだけ長く使い続け、そこから最大の価値を引き出し、耐用年数が過ぎた製品や素材を回収・再生することを目的とした再生・修復型の経済システムです。3つの原則に基づいています。

循環型経済の第一原則は、廃棄物や汚染をデザインすることです。つまり、廃棄物や汚染を最小限に抑え、分解・修理・再利用が容易な製品やプロセスを設計することです。循環型デザインの例としては、部品交換が可能なスマートフォンなどのモジュール製品や、再生水を使用する下水処理場などのクローズドループ・システムなどがあります。