オランダはサーキュラーエコノミーの取り組みなどサステナブルに対する取り組みを国を挙げて取り組んでおります。
この記事では、そのオランダがいかにしてサステナブル大国になったのかその要因がわかりやすくまとまっていた動画があったのでご紹介いたします。

動画の全体の流れをご説明いたします。


 

世界人口の増加、消費習慣の変化、気候危機の中で食料生産を確保することは、世界の喫緊の課題の一つです。しかし、オランダは、持続可能な農業の暗号を解き明かした、予想外の食糧大国として登場した。この記事では、オランダがどのようにしてこの偉業を達成したのか、そして他の国が彼らのアプローチから学ぶことができる重要な教訓を探ります。

食料システムに対する圧力は計り知れないものがあります。世界の人口は増加し、消費習慣は変化しています。同時に、気候危機が食糧生産に影響を及ぼしています。食料生産を確保するために重要なのは、持続可能な生産です。これは、肥料、農薬、水などの少ない資源でより多くの生産を行うことを意味します。持続可能な生産が重要なのは、それを怠ると地球に害を及ぼすからです。

 

持続可能な農業の鍵は、効率性です。今ある土地でより多くの食料を生産し、より少ない天然資源でそれを行うにはどうすればいいのか。オランダはこの課題に取り組み、半分の資源で2倍の量の食料を生産することに成功し、世界第2位の食料輸出国となりました。

 

オランダの成功の鍵は、コラボレーションです。持続可能な生産という共通の目標を達成するために、政府、科学団体、産業界が協力した。利害を一致させることで、世界でも類を見ない効率化を実現したのです。

 

オランダは、温室栽培を世界でも類を見ないほど完成させました。少ない天然資源で、1平方メートルあたりより多くの食料を生産しているのです。例えば、スペインの露地栽培に比べ、4倍少ない水で80倍のトマトを生産しています。ハイテクを活用することで、持続可能な方法で多くの食料を生産できる可能性があるのです。

 

オランダは、より良い、より効率的な栽培技術を生み出すために、絶え間なくイノベーションに向かって突き進んでいます。彼らはAIを使って植物の行動を学習し、農家から何も言われなくても条件を調整します。さらに、人間の手を加えることまで始めている。世界の食糧問題を解決する鍵は、超効率的な食糧生産者に頼ることだけではなく、その技術から学び、採用することにあるのです。

 

オランダのワールド・ホルティ・センターは、温室の中に温室を作りました。オランダと同じ収穫量を他の国で実現するためには、どのような工夫が必要なのか、地球上のあらゆる気候を再現することができるのです。このような取り組みにより、生産設備を作るための知識を世界中に輸出することができるのです。

 

長い目で見れば、オランダの将来は、世界の生産者になることではないはずです。オランダが思い描くのは、世界のためのデベロッパーである。この国は、生産施設を作るための知識を世界中に輸出していくのです。

 

オランダは、コラボレーション、イノベーション、効率性を取り入れることで、サステナブルフード大国として台頭してきました。オランダは、温室栽培のオペレーションを完成させ、AIベースの技術を開発し、気候条件を再現して、その知識を世界中に輸出しています。世界人口の増加、消費習慣の変化、気候危機に直面する中で、食料生産を確保するために、他の国々は彼らのアプローチから学ぶことができます。

2023年3月15日
サーキュラ
2023年3月15日
水中農園が
2023年3月14日
土を使わず

HOTSubTitle

コラム - 2023年3月16日

オランダはいかに…

https://ww
コラム - 2023年3月15日

サーキュラー・エ…

サーキュラーエコノミ
コラム - 2023年3月15日

水中農園が世界を…

https://ww
コラム - 2023年3月14日

土を使わず、水を…

https://ww
環境 - 2023年3月14日

革新的なエコ製品…

現代の高速化する社会
ビジネス - 2023年3月14日

これからの農業を…

https://ww
コラム - 2023年3月10日

企業におけるパー…

概要 本記事では、パ
コラム - 2023年3月10日

サーキュラーエコ…

気候変動や環境破壊の

LIFE REPORT

Custom Sub Title

HOTLIFE

オランダはい

https://www.youtu
- 2023年3月16日

サーキュラー

サーキュラーエコノミーとは サーキ
- 2023年3月15日

BREAKINGNEWS

オランダはい

https://www.youtu
- 2023年3月16日

サーキュラー

サーキュラーエコノミーとは サーキ
- 2023年3月15日

SPEEDYLIFE

オランダはい

https://www.youtu
- 2023年3月16日

サーキュラー

サーキュラーエコノミーとは サーキ
- 2023年3月15日

OUTERLIFE

オランダはい

https://www.youtu
- 2023年3月16日

サーキュラー

サーキュラーエコノミーとは サーキ
- 2023年3月15日

LIFESTYLESubTitle

Sustainomics Insights & Trends

水中農園が世界を

/ 編集者
- コラム -
2023年3月15日

イタリア沖にある水中農園「Nemo’s Garden」は、新鮮な野菜や果物を生産する、世界初の水中農園です。
イタリアのリビエラで水中栽培の完成を目指す、米国のオーシャンリーフ社によって作られました。

農園は、バイオスフィアと呼ばれる飛行場をクリアしたプラスチック製のポッド6個で構成され、水耕栽培技術を使って、CO2や酸素濃度、湿度、温度などを監視しています。
内部の湿度が内壁に沿って結露し、滴り落ちることで塩分を含まない水を作り出し、ほぼ完全に自給自足できるシステムになっています。
農園は、太陽エネルギーや水の淡水化で得られるエネルギーなど、再生可能なエネルギー源で運営されており、この農場では、さまざまなハーブ、サラダ、トマト、コートレット、豆、グリーンピース、アロエベラ、マッシュルーム、イチゴの栽培に成功しました。

専門家は、水中農場が陸上での農業に代わる持続可能な選択肢となり、農業への負担を減らすことができると考えています。
同団体は、水中農場が、地表の気温が高すぎて栽培が難しい沿岸地域の信頼できる食料源になりうると期待しております。

さらに、イタリアンファームは、ジュリア地域のタツノオトシゴの生息数がかつてないほど健全であることから、地域の海洋生態系に好影響を与えていることがわかりました。

海中温室は、モルディブのように生鮮食料品のほぼ100%を空輸している国を、地元や観光業に貢献する自立した農業国家に変えることにつながることを見込まれております。

下の動画は説明はありませんが、より鮮明に見られます。

 

URBAN REPORT

Custom Sub Title

オランダはい

https://www.youtu
- 2023年3月16日

サーキュラー

サーキュラーエコノミーとは サーキ
- 2023年3月15日

オランダはい

https://www.youtu
- 2023年3月16日

サーキュラー

サーキュラーエコノミーとは サーキ
- 2023年3月15日

オランダはい

https://www.youtu
- 2023年3月16日

サーキュラー

サーキュラーエコノミーとは サーキ
- 2023年3月15日
Sustainomics Insights & Trends
9 secs
Sustainomics Insights & Trends
2023年3月16日
オランダはい
Sustainomics Insights & Trends
2023年3月15日
サーキュラー
Sustainomics Insights & Trends
2023年3月15日
水中農園が世
Sustainomics Insights & Trends
2023年3月14日
土を使わず、

module 1bSubTitle

オランダはい

https://www
- 2023年3月16日

サーキュラー

サーキュラーエコノミー
- 2023年3月15日

Module 8SubTitle

/ 編集者
- コラム -
2023年3月16日

オランダはサーキュラーエコノミーの取り組みなどサステナブルに対する取り組みを国を挙げて取り組んでおります。
この記事では、そのオランダがいかにしてサステナブル大国になったのかその要因がわかりやすくまとまっていた動画があったのでご紹介いたします。

動画の全体の流れをご説明いたします。


 

世界人口の増加、消費習慣の変化、気候危機の中で食料生産を確保することは、世界の喫緊の課題の一つです。しかし、オランダは、持続可能な農業の暗号を解き明かした、予想外の食糧大国として登場した。この記事では、オランダがどのようにしてこの偉業を達成したのか、そして他の国が彼らのアプローチから学ぶことができる重要な教訓を探ります。

食料システムに対する圧力は計り知れないものがあります。世界の人口は増加し、消費習慣は変化しています。同時に、気候危機が食糧生産に影響を及ぼしています。食料生産を確保するために重要なのは、持続可能な生産です。これは、肥料、農薬、水などの少ない資源でより多くの生産を行うことを意味します。持続可能な生産が重要なのは、それを怠ると地球に害を及ぼすからです。

 

持続可能な農業の鍵は、効率性です。今ある土地でより多くの食料を生産し、より少ない天然資源でそれを行うにはどうすればいいのか。オランダはこの課題に取り組み、半分の資源で2倍の量の食料を生産することに成功し、世界第2位の食料輸出国となりました。

 

オランダの成功の鍵は、コラボレーションです。持続可能な生産という共通の目標を達成するために、政府、科学団体、産業界が協力した。利害を一致させることで、世界でも類を見ない効率化を実現したのです。

 

オランダは、温室栽培を世界でも類を見ないほど完成させました。少ない天然資源で、1平方メートルあたりより多くの食料を生産しているのです。例えば、スペインの露地栽培に比べ、4倍少ない水で80倍のトマトを生産しています。ハイテクを活用することで、持続可能な方法で多くの食料を生産できる可能性があるのです。

 

オランダは、より良い、より効率的な栽培技術を生み出すために、絶え間なくイノベーションに向かって突き進んでいます。彼らはAIを使って植物の行動を学習し、農家から何も言われなくても条件を調整します。さらに、人間の手を加えることまで始めている。世界の食糧問題を解決する鍵は、超効率的な食糧生産者に頼ることだけではなく、その技術から学び、採用することにあるのです。

 

オランダのワールド・ホルティ・センターは、温室の中に温室を作りました。オランダと同じ収穫量を他の国で実現するためには、どのような工夫が必要なのか、地球上のあらゆる気候を再現することができるのです。このような取り組みにより、生産設備を作るための知識を世界中に輸出することができるのです。

 

長い目で見れば、オランダの将来は、世界の生産者になることではないはずです。オランダが思い描くのは、世界のためのデベロッパーである。この国は、生産施設を作るための知識を世界中に輸出していくのです。

 

オランダは、コラボレーション、イノベーション、効率性を取り入れることで、サステナブルフード大国として台頭してきました。オランダは、温室栽培のオペレーションを完成させ、AIベースの技術を開発し、気候条件を再現して、その知識を世界中に輸出しています。世界人口の増加、消費習慣の変化、気候危機に直面する中で、食料生産を確保するために、他の国々は彼らのアプローチから学ぶことができます。