45 views

水産養殖の未来:革新的技術による新しい魚の養殖

The future of aquaculture. New fish farming technologies – Innovative Techs

最新の水産養殖について、詳しく紹介されている動画がありましたので、こちらについて要約と感想を記述いたします。
詳しい内容は動画をご覧ください。

水産養殖は世界で最も速いペースで成長している食品生産分野です。海産物の需要が高まる中、この分野の発展は重要性を増しています。

人工知能や微生物などの技術革新が水産養殖業の成長を加速しています。これらの技術により、生産効率が大幅に向上し、さまざまな種類の海産物の養殖が可能になります。

これらの革新により、海へのアクセスがある国々は海産物不足の問題を解決することが可能になり、グローバルな食料供給に貢献できます。


過剰な漁業により多くの海洋生物が絶滅の危機に瀕しています。これに対応するため、水産養殖が海洋生物の保護に一役買っています。

食用に適した海洋生物の繁殖と栽培を通じて、絶滅の危機にある種の保護につながります。これにより、生物多様性の保持に貢献しています。

異なる国々の漁業法の違いを克服し、国際協力による海洋生物の保護が求められています。水産養殖はこのような問題への解決策として注目されています。


Siwa Tech AB社の技術は、工業廃棄物を利用した微生物栽培により、廃棄物処理と養殖業の両方の問題を解決します。

この技術により、海洋生物を餌として消費することなく、高品質の餌を生産できます。これは養殖業の持続可能性を高める重要なステップです。

この技術はヨーロッパでの導入が計画されており、将来的には世界的な拡大が期待されます。これにより、養殖業全体の持続可能性が向上します。


シンガポールのアポロ水産養殖グループは、土地の不足を解決するために垂直魚農場を導入しました。この斬新なアプローチは、空間効率を大幅に向上させています。

水の自動更新システムや電子在庫管理システムにより、運営コストを大幅に削減し、効率的な養殖が可能になります。

これらの技術革新は、シンガポールにおける養殖業の生産効率を大幅に向上させており、他の国々にも応用可能です。


iFarmプロジェクトは、魚の個別健康管理をAIにより行うことで、養殖業の効率と品質を向上させています。

この技術により、魚の健康と福祉が向上し、長期的には養殖業の持続可能性に大きく貢献します。

3:.

177 views

持続可能性とBluefood – ブルーフードとは何か

ブルーフードは、海や湖、川から得られる食料を指し、3000種以上の水生生物が含まれます。このブルーフードは、世界中の30億人以上の人々の栄養補給と生計を支えています。ブルーフードは多くの公衆衛生の恩恵を提供しており、人体に必須のビタミンやミネラルを含み、健康な動物性タンパク質の供給源となっています。

2023年現在、我々の食糧システムは大きな変革の最中にあります。その中心にあるのがブルーフードです。この記事では、その概要と未来について深掘りしていきます。

2030年までに水生食物の生産を増やすことで、1億6600万人の栄養不足を防ぐことが可能です。しかし、ブルーフードの生産とその影響には多くの側面があります。

ブルーフードは、より健全で持続可能な食糧システムを作るための可能性を持っています。それは、魚や貝、藻類の生産が地球上の自然資源を節約し、生態系に対する影響を最小限に抑えられるからです。

ブルーフードは世界の食料安全保障にとって重要な役割を果たしています。それは、食料の安全保障を達成し、栄養失調を終わらせ、健康的で自然に好ましく、レジリエントな食料システムを構築するために不可欠な要素です。ブルーフードは小規模漁業を通じて多様な種類の生物と生計を提供し、気候変動に対するレジリエンスを提供することができます。

ブルーフードは陸上の農作物や家畜に比べて栄養価が高く、特にミネラルとオメガ3脂肪酸が豊富です。これにより、栄養不良や肥満、食事関連の疾患に対処する手段となりえます。

ブルーフードは、特に女性、子供、高齢者に利益をもたらす可能性があります。これらの人々は、ブルーフードが豊富に含むミネラルやオメガ3脂肪酸の恩恵を最も受けることができます。

ブルーフードの需要は、収入、価格、消費者の選好などによって形成されています。特に低所得者は収入の変動に対して敏感であり、価格の変動によってブルーフードの消費量が大きく変動する可能性があります。

ブルーフードの需要は、供給、手頃な価格、貿易などによって大きく影響を受けます。例えば、アジアでは水産養殖が拡大し、養殖魚の価格が下がり、低所得者でも手に入れやすくなっています。

地域によってブルーフードの消費傾向は大きく異なります。これは、各地域の文化や伝統、好みなどが影響しています。例えば、アジアでは淡水魚の消費が顕著に増加しています。

持続可能なブルーフードシステムの開発は、乱獲の終了、海洋生態系の保全、小規模漁業者への資源へのアクセスの確保などが必要です。また、政策策定、汚染管理、貿易政策、食事指導、研究と革新への公的投資にブルーフードを組み込むことも重要です。

ブルーフードは、低い温室効果ガス排出量と生物多様性に対する肯定的な影響を持つことから、自然に好ましく持続可能な食料生産に寄与する可能性があります。これは、ブルーフードが持続可能な開発目標に貢献し、より健康で公正な世界的な食料システムを推進する可能性を示しています。

ブルーフードは公衆衛生にとって非常に重要な要素であり、ビタミンやミネラルとオメガ3脂肪酸に富んでいます。これらの成分は、栄養不足の解消に寄与し、慢性疾患を予防する可能性があります。また、ブルーフードは心臓病や糖尿病のリスクを減らし、一般的な健康状態を向上させることができます。

ブルーフードの栄養価は、その多様性とバランスの良さによるものです。ブルーフードは、良質なタンパク質、ビタミンやミネラル、オメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。これらは、免疫機能の強化、脳の発達、心臓病のリスクの減少など、人間の健康に非常に重要です。

ブルーフードは、持続可能な食料生産の一部として、環境に肯定的な影響をもたらす可能性があります。ブルーフードの生産は、陸上の家畜や作物の生産に比べて、一般的により低い温室効果ガス排出量を示しています。このため、ブルーフードは気候変動対策に重要な役割を果たすことができます。

ブルーフードの生産は、海洋生態系の保全にも寄与する可能性があります。適切に管理されたブルーフードシステムは、生物多様性の保全、海洋汚染の削減、そして海洋生態系の健全性の維持に役立つと考えられています[