146 views

環境変化によるブルーフードの世界的リスク

 

参考記事
More than 90% of global aquatic food production faces substantial risk from environmental change, finds new research – Stanford Center for Ocean Solutions

103 views

水産養殖の未来:革新的技術による新しい魚の養殖

The future of aquaculture. New fish farming technologies – Innovative Techs

最新の水産養殖について、詳しく紹介されている動画がありましたので、こちらについて要約と感想を記述いたします。
詳しい内容は動画をご覧ください。

水産養殖は世界で最も速いペースで成長している食品生産分野です。海産物の需要が高まる中、この分野の発展は重要性を増しています。

人工知能や微生物などの技術革新が水産養殖業の成長を加速しています。これらの技術により、生産効率が大幅に向上し、さまざまな種類の海産物の養殖が可能になります。

これらの革新により、海へのアクセスがある国々は海産物不足の問題を解決することが可能になり、グローバルな食料供給に貢献できます。


過剰な漁業により多くの海洋生物が絶滅の危機に瀕しています。これに対応するため、水産養殖が海洋生物の保護に一役買っています。

食用に適した海洋生物の繁殖と栽培を通じて、絶滅の危機にある種の保護につながります。これにより、生物多様性の保持に貢献しています。

異なる国々の漁業法の違いを克服し、国際協力による海洋生物の保護が求められています。水産養殖はこのような問題への解決策として注目されています。


Siwa Tech AB社の技術は、工業廃棄物を利用した微生物栽培により、廃棄物処理と養殖業の両方の問題を解決します。

この技術により、海洋生物を餌として消費することなく、高品質の餌を生産できます。これは養殖業の持続可能性を高める重要なステップです。

この技術はヨーロッパでの導入が計画されており、将来的には世界的な拡大が期待されます。これにより、養殖業全体の持続可能性が向上します。


シンガポールのアポロ水産養殖グループは、土地の不足を解決するために垂直魚農場を導入しました。この斬新なアプローチは、空間効率を大幅に向上させています。

水の自動更新システムや電子在庫管理システムにより、運営コストを大幅に削減し、効率的な養殖が可能になります。

これらの技術革新は、シンガポールにおける養殖業の生産効率を大幅に向上させており、他の国々にも応用可能です。


iFarmプロジェクトは、魚の個別健康管理をAIにより行うことで、養殖業の効率と品質を向上させています。

この技術により、魚の健康と福祉が向上し、長期的には養殖業の持続可能性に大きく貢献します。

3:.